音楽があるから生きていける。                忘れたいことは忘れるために、忘れたくないことはココロに刻んでおくために書くつれづれ日記です。


by love-like-live
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

pure music presents“鷹男”@ O-EAST

妹がチケットを取ってくれたので、初O-EASTへ。
さすがに、現役女子高生を1人では行かせられません。<立地的に。笑。

渡辺プロダクション系の事務所“pure music”に所属するアーティストが出演する、事務所祭り的なイベント。

*甲斐名都
*より子。
*ビアンコネロ
*ズボンドズボン
*Inspi

みーんなライブで見るのは初めて。


O-EASTはかなりの入りでした。
しかも、司会(幕間?)は売り出し中の若手芸人。
パラシュート部隊、コア、あれきさんだーおりょう、他。
アーティストの個人情報暴露してみたり、ネタやったり。
すげーなぁ、さすがお笑いのワタナベエンタテインメントだ。
まさしく事務所祭り。



*甲斐名都

「かい なつ」さんという、現役女子大生。ピアノ弾き語りしてるそうです。
かわいい。ソエルとかYUKIちゃんとかカエラちゃんとか、あんな感じ。
うん、かわいいし歌も上手だけどね。
がつんとココロに触れる曲書くようになったら売れるかも。


*より子。

数年前、松浦あやや主演で彼女の生い立ちがドラマになったより子ちゃん。
幼少時、悪性の小児ガンで闘病生活、そこで音楽が生きる希望をくれた、という内容。そのイメージが強かったんで、「生きる」ことに対して深く熱く繊細なバラードを書く、癒し系のイメージを勝手に持っていました。
が。
いきなり“東京音頭R&Bバージョン”で登場したかと思えば、「より子は癒し系なんかじゃねぇぇぇ!」と叫ぶ。
歌い上げる感じはMISIAとか小柳ゆきとか、DIVA系。
ヘッドバンクしながらカバー曲(ロック系)を歌う彼女は圧巻でした。歌うまいわ。
彼女は曲も詩も自作なんだけど、その抜群の歌唱力を生かしきれてないなぁ。
メロが幼い印象。
かいなつちゃん同様、いい曲書くようになったら売れるでしょ。
この子は売れるでしょ。きっと売れるね。


*ビアンコネロ
蓮沼でみたMちゃんが「曲は爽やか系なのに、1人変な人がいて面白かった」と言っていたビアンコネロ。
える的本日のMVPです。
最高です。
3本ギター&1人変な人(ピアニカ)、という構成。
ドラムレスだけど軽やか、コーラスも上手でした。素敵。
で、変な人。
例えるなら、江頭2:50と劇団ひとりとエスパー伊藤を足して3で割る感じです。
たぶん、CDだけ聴いたらフツウなんですよ。変な人1人いるだけで、こうも印象がぶち壊しなんだっつーことで。いや、これは誉め言葉ですよ、誉め言葉。
ワンマン行っちゃうかも(ぇ)



*ズボンドズボン
RAG FAIR 土屋礼央がバンマスをつとめる楽器バンド。
男女のツインボーカルです。珍しい。
新橋のどこで飲んでたの?という土屋礼央の衣装は「???」ですが、
それを除けば彼は天才です。
他のバンドメンバーは、彼を引き立てるために存在してるかのように見えてしまいます。土屋礼央と愉快な仲間たち、っつー感じで。ボーカルjunkoちゃんも、上手だけどそれ以上でもそれ以下でもない印象。超かわいかったけどね。

そして、RAG FAIRの時より100倍楽しそうです。
2階の関係者席ではRAG FAIR引地よーすけも見てましたが、どう見てましたかね。
そして、最後に、勇気を持って書きます。
フロアの雰囲気が怖いのでワンマンは行きません。(以上)

  *set list(順不同)*
1:ラブラブなカップルフリフリでチュー
2:生活LIFE
3:ダウンタウン(シュガーベイブのカバー)
4:(私の知らない曲)
5:バランス
6:当たり前の恋 (きゃーきゃーきゃー!)


*Inspi
今、日立の「このー木なんの木気になる木ー」を歌っているのはこのバンド。
アカペラ6人です。
ハモネプブームが去って久しいのですが、当時のファンが未だに熱心に応援しているようで、かなり数も声援も大きかったです。いいファンを持ちましたね。
生で聴くのは初めてでしたが、コトリ@奥村くんがかっこよすぎです。
あの声と笑顔に癒されます。
コトリ祭り開催希望。



で、最後には出演者全員で「オブラディ・オブラダ」
フロアもみんな歌って、ぴょんぴょん跳んで、超ピース。
やっぱりこうじゃないとねーっ。幸せな瞬間。



というわけで、初めて見る人ばっかりだったので、とっても楽しかった。
ビアンコネロ最高(まだ言ってる)
他は…今はまだわざわざワンマンいくほどじゃないかもなぁ。
今後どうなるか、要チェックですな。






嬉しかったこと。
開演前、背の低い私たちを心配して、前にいたお姉さんがサンダルを脱いでくれた。
素敵だ。
わざわざこのライブのために北海道から遠征に来たという2人のお姉さん。
今日のお目当ては?なんて話も弾んだので、ついでに「いいなーPE'Zのラジオ聴きたい」とか言ってみました。彼女達の中で、PE'Zは「わざわざ帯広までライブをやりに来てくれた人達」という印象なんだとか。笑。




最後に、猛毒。
スタンディングに慣れてない人が多いのか、見えないだのなんやかんや言って背後から会話と視線で殺してくる人がいた。
即行移動。
会場内、直立不動かきいろいオーラのどっちかだし。
これだからアイドル系のライブはイヤ。

[PR]
by love-like-live | 2005-08-11 02:15 | LIVE!