音楽があるから生きていける。                忘れたいことは忘れるために、忘れたくないことはココロに刻んでおくために書くつれづれ日記です。


by love-like-live
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

8/22  小沼ようすけ with NOON

月曜日、いろんな気持ちをひきずって、
モーションブルーヨコハマへ。

タイトルはもちろん、「小沼ようすけ with NOON 」ですよ。

これは誤りかもしれません。



2ndでゲスト出演したバイオリニスト、

喜多直毅さん、が、

ありえないほどの超絶パフォーマンスだったからです!!!!!!!!
(!の多さで慮ってみてください。)


日頃はタンゴの方らしいのですけども。
彼の熱さは、タンゴらしい、で片付けてはいけないような気がする。
小沼さんのステージに飛び入り参加、その時に「この人となら何か違うワールドを生み出せる気がする(by 小沼ようすけ)」とピンときて、それ以来2人はたびたび共演しているんだそうです。


神がかり的、というか、
狂気のきわみ、というか、
どうやら、バイオリンの弓は弾くものではなく「ひっかく」ものであり、「叩き切る」ものであるらしいです。
演奏数分で、弓ががりがり切れていって、びろびろーん、って。
ハカセタロウなんかもよく弓切ってますけど。
違うんだ、違うんだ。
ただ弓が切れてるんじゃないの。なんつーか、神がかり的なの。

この変態具合は、“HZM”的であり、“上原ひろみ”的。
口半開きで、聞き入ってしまいました。
素晴らしいです、喜多さん。
私の中のバイオリンのイメージが、180度変わりました。
あんなにまったりゆったりゆるりとしていた場内の空気が、
ピーンと張り詰めて、何か神でも降りてきたかのようだったですよ。
1stでは、私の前でふてぶてしく座ってたフツウのおっさんだったのに(笑)


PE'Zさま。
喜多直毅の名前は覚えといた方がいいと思います。
次に誰かと共演するなら、絶対に喜多さんですよ!


ひととおり喜多さんを大絶賛したところで、
ようやく本題に入れます(笑)


小沼ようすけはですね。
1個のモチーフをどんどん展開させて、メロをつむぎだしていくんですけど。
それがまた楽しくて楽しくてしょうがないという感じで、
あぁギター野郎なんだなぁと思いました。
スゴイんですよ。
どんな音、メロを弾いても伴奏に回っても、すっきりキレイな音がするんです。
ただ、ソロはちょっと私にはオトナすぎたかも。
アドリブ苦手な私には若干キツかったです。

NOONは、
思ったより「エンジェルボイス」じゃないんだなーっていうのが第一の感想。CDだと、息多め、ささやくような声で、「ライブに耐えられる声なのか?」とも思ってましたが。
いざ聴いてみると、低音なんかしっかりしてて、かわいらしくて。
うなるジャズボーカル苦手な人にはホントおすすめ。
ふわりさらりと、かわいらしい。
以前見たakikoさんなんかと違って、まだ初々しさ漂ってます。ルックスも、アーティストっぽくないというか。
1stアルバムに入っているブルーゼットと、私が初めてNOONを知ったCM曲「close to you」が聴けて嬉しかったな。ブルーゼットは、2ndのバンドバージョンが楽しそうでかわいらしさが引き立ってよかった。(1stは小沼さんとのデュオ)


あー、あとパーカスの仙道さおりさん。
こちらの方もものすごかったです。
バスドラ(つーかバスドラ風。民族楽器かしら?なんなんだろーね、あれ?)に座って、かかとで低い音出すんですよ。
シンバルも手で叩いちゃったり、スティックもしょっちゅう持ち替えて。細やかー。
素敵でした。見入っちゃった。


で、最後アンコールで出てきて、小沼&NOONで、
ミニーリパートンの「Lovin' you」。
泣いてしまったよ。
素敵だった。

aiko以外で涙が出たのは、たぶん1年ぶりくらいだ。
[PR]
by love-like-live | 2005-08-24 20:00 | JAZZ