音楽があるから生きていける。                忘れたいことは忘れるために、忘れたくないことはココロに刻んでおくために書くつれづれ日記です。


by love-like-live
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

so-ill & 熊谷和徳 @  SHIBUYA PLUG

うぉーーーーこれはレポ書いてからじゃないと寝られないぜ。
脳細胞が最強に活性化。脳内麻薬出まくりです。



迷った末に参戦した、so-ill @ PLUG。
お目当ては、タップの熊谷和徳さん。
ソイルは…社長もタブさんも丈青さんもいないユニットだから、様子見のつもりで。



まずは、熊谷さんのソロでタップ。
スゴイ。息をのむすごさ。
スゴイとしか言いようがない。
基本は踵・つま先の金属からの「かつかつ」っていう音なんだけど、
板張りの底上げ舞台の上でのパフォーマンスなので、踏む場所によって音が違う。
これで、ホントいろんな彩りの音が出る。
まるで人の声みたいだよ。
繊細な「こつこつ」っていう音と、バスドラのようなお腹に響く低音。
痺れました。
あとは、足元だけじゃなくて、体全体の動きもすごく独特で、
足元も、音も、動きも、全部込みで「タップ」なんだな、と思いました。
最前列で、かぶりつきで見ました。すごい迫力☆

そして、ヒューマンビートボックスのMAL。
リップスライムの人とみどりんを足して2で割ったような風貌で(笑)
HBBの面白さってイマイチ分からなかったんですが、
とりあえず難しいことはどうでもよくて、
とにかく「面白く」って「すごい」。
人からあんなにも多彩な音が出るとはね。

そして、2人のバトル。
こーれがかっこよすぎて、めまいがした。
お互いのリズムをよく聴いて、どんどん新しいフレーズが生まれてくる瞬間は、
ホント鳥肌モノ。
それに、やっちゃいました。
HBBでTAPの音を、
そして熊谷さんがえせHBBを!!!!!!
MALさんは「あれは(HBBとは)認めませんっ!」と言っていましたが、
熊谷さんは得意気な表情でした。笑。
会場内大盛り上がり。
空気が一気にあたたまりました。


ここで、もう座っているのが耐え切れなくなり立っていたら、
他の人に座られちゃった。
こりゃぁあと踊るしかないっしょ。

女性3人のダンス(タンゴ。モダンジャズ風。)があり、
 (美しかった♪)


そして、いよいよso-ill!!!!!!


客席から登場し、舞台に全員揃ったところで、演奏スタート!
今回のゲストギターはとしぞうさんという方。
上田ジャズフェスの主催者なんだそうです。


きゃーーーーーー(崩壊)


元晴さんがー元晴さんがー!!!!!


私、元晴さんのダミ声SAX苦手だったんだけど、
なんでライブだとこんなにいいんだろう!!!!!!
バンマスだと、なんでこんなに映えるんだろう!!!!!!

音色も、普段ソイルでは音圧で押してくる感じだけど、
今回はわりと繊細な音もあり、「あぁフツウの音も出せるんじゃん!」と、
新たな魅力にきゅーん。
SAXのいろんな音を聴けて、とっても良かった。


そして、フジではあまり見ていなかった(失礼)リズム隊が素晴らしい。
秋田さん、みどりん。
素敵です。かっこよさ際立ってました。



そして、なんと、「ゲストトランペット、タブゾンビ!!!!!!」
元晴さんに呼ばれて、客席から舞台上へ。
きゃーーーーーーーー!!!!!!!
タブ推しKさんと、思わずはしゃぐ。


と、ここでテンション最高潮なんですが、
みなさん椅子に腰掛けたまま。
これは拷問ですか、苦行ですか。
ちゃんと舞台前は踊りスペースとして空けてあるのに、誰も行かない。
行きたいけど…私だけだったら困るし…。
約束もしていないのに、なぜか集まってしまった team J 5人は、
仕方がないのでカウンター前のはじっこで固まって暴れる。
ええ、暴れますとも。
たまーに、地球外生物を見るかのような視線が集まってきますが、何か。


が。


いい加減に我慢できなくなったノリのいいお姉さんがばっと前へ。
1人が出て行ったらかなりの人数が前に出て踊り始めました。
私はタブさん前最前列に陣取って、
ようやく広々広々踊りました。
多少お酒も入ってるし、みんなゆるゆる楽しんで。
もう最高☆☆☆
時間が経つにつれ、どんどん踊り人口が増えていきました。
いえぇぇぇぇぇぇ、こうじゃなきゃ!!!!!!!


MCはほとんどなしだけど、
元晴さんのやさしげであったかい感じは、
演奏の姿とものすごいギャップがあって、これまた「きゅーん!」という感じでした。

MCがほとんどないということは、曲もほとんどぶっつづけ。
美メロ好きとしては、けっこうインプロバトルとかJAMっぽいのとか苦手なんですが、
ホントかっこよくて、引き込まれた。
なんだろねぇ、この引力。最高ー!yeah!



そして、最後には全員上がってまたまたバトル。
元晴SAX vs 熊谷TAP 、vs HBB・MAL 、どちらも最高。
面白い面白い(コレしか言ってないな。語彙力不足。最低)



とにかく、もうあっという間。
あまりに楽しすぎて、時間が短い。
踊り足りない、もっと踊りたい、もっとこの世界に浸っていたいよー!と本気で思いました。


この振り切れたテンション、どうしたらいいの?
このまま家帰ったら暴れるよ?
みんな口々に「タップ習いたいー!」と言い出す(笑)



こんなにリーズナボー(1ドリンク込み:3000円)な値段設定で、
あの狭さでかぶりつき。
それで踊り狂うなんて。
まさに「贅沢」な時間を過ごしました。


熊谷さんとは、帰りに握手。嬉しい(ミーハー魂炸裂)
とても素敵な方でした。




さ、明日はスニーカーの裏に画鋲張って代々木公園集合ね(嘘)
[PR]
by love-like-live | 2005-09-03 00:56 | mini SOIL