音楽があるから生きていける。                忘れたいことは忘れるために、忘れたくないことはココロに刻んでおくために書くつれづれ日記です。


by love-like-live
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9/23 押尾コータロー(JGAギター音楽祭)@ 東京オペラシティ

今さらデス。記憶を呼び起こさなくては。
頑張れ脳細胞っ!



23日(祝)、
JGAギター音楽祭という、クラシックギターのイベントに行ってきました。
  第1部:コンクール優勝者4名の演奏
  第2部:ギターアンサンブル。学生、プロ。
  第3部:スペシャルゲストのライブ

クラシックギターの「ク」の字も知らない私が、
センター10列目なんつー素晴らしいお席で鑑賞。
クラシックギターファンのみなさん、ごめんなさい。


お目当ては、スペシャルゲストの押尾コータローさん・木村大さん。
木村大さんは、PE'Z友Kさまから熱烈プッシュされてて、
以前から気になっていた人です。
Kさまにも「押尾さんいいよぉ♪」と推してたので、お互いうきうきしながら参戦しました。


会場は、東京オペラシティのクラシック専用ホール、タケミツメモリアル
木目が美しい、空気がピーンとはりつめたホールです。
ホール自体は四角く、真横・真後ろにも席がありました。
こんなクラシカルムード満点のホールで、押尾さんどうするんだろ。と思いました。笑。


まじめなクラシック鑑賞は、記憶が確かなら初めてだったはず。
息をするのも憚れるような。
すべて音と舞台上に注がれる神経。こういう舞台もいいね。
ただ、元クラシックガールのKさま(敢えて“元”)いわく、
クラシックは予習してないと楽しめないよ、と。
確かに。
最後の方は、「いつ終わるンダヨこの曲は!」と思っちゃった。汗。



このギター音楽祭は、毎年いろんなゲストを呼んでいるようで。
始めに挨拶したJGAの会長さんは、
「押尾コータローさんをお呼びできたことは、本当に嬉しい」とコメント。
ギター界の革命児、と紹介されていたな。押尾さん。



第3部は、木村大さんからスタート。

良かったよ。(ひとことでまとめる)
Kさまが、あれだけ惚れるのが分かる。うん。
クラシックなのに、押尾弾き(<個人的に命名。タッピング奏法とかね)やるんだ。驚。

ええと。
良かったけど、長い髪が邪魔そう。<そこかよ


3曲の演奏が終わると、椅子やマイクが片付けられ、高い位置にマイクスタンドをセッティング。
そうか、押尾さんは立って弾くんですもんね。

司会の人が押尾さんを呼び込むと、
暖色系の派手色シャツを着た押尾さん、両手ガッツポーズで登場。
そのまま“翼~You are the HERO”でスタートしました。

   * set list *
     翼~You are the HERO
戦場のメリークリスマス
     太陽のダンス
     ボレロ

音響が本当に素晴らしく、
1音1音が澄んで響いて聞こえました。
特に、太陽のダンスでのハーモニクス「きらーん!☆」は、美しくて美しくて(泣)
脳細胞の活動が一斉にストップしましたさ。思考停止。鳥肌ばーーーーーーー。

音響が良すぎて、いつも聞こえないような1弦1弦のバランスも聞き取れるほど。
逆に、ごまかしがきかなさすぎて、粒が揃ってない部分・音のバランスが偏ってる部分もはっきり聞こえちゃいました。汗。


MCとか。

「木村大くん」「木村大くん」「共演できて、ほんっっっっっっとに嬉しい!」と笑顔。
んもう、木村大くん大絶賛。
クラシックギター(ナイロン弦)と、フォークギター(スチール弦)の間には、
同じギターとはいえかなりの溝があるそうで。
彼の演奏を聴いたときに、その溝が埋まるんじゃないかという、可能性を感じたんだそう。
で、今回、押尾さん(いわばヨソ者)が木村さんに共演を依頼。
OKしてくれるとは思っていなかった、と。
世界の違う二人が、お互いの方向へ一緒に演奏を作れたらと思う。

で、第2部の「ギターアンサンブル」にも触れ。
「ギター弾きだったら、誰もが入りたいと思いますよね。僕も入りたいと思いました」と、
入団希望宣言。
で、押尾さん自身は学生時代に吹奏楽部にいらしたそうで、
「目立つから」トランペットをやりたかったのに、実際に吹いていたのはチューバやらホルン。
「いやー、ボンボン言って地味なんですよね」と、ギターで似非チューバ。
確かに地味だ。会場笑いに包まれる。
さらにホルンも地味で、この地味地味コンビをギターで弾く。
「これでマーチができました」と。会場再度笑い。
さすが押尾さん。笑いなしでは帰れません。笑。

クラシックギターの場合は、1曲終わると三方“礼”なんですが、
押尾さんは手を挙げて、そして手を振る。あはは。




で、次いでいよいよ“木村大&押尾コータロー”セッション!
兄貴と弟、という感じで、
顔を見合わせて笑顔。1曲終われば握手、拳をコツン<ほんのりDEPAPEPE風。
最後は肩まで組んでましたね。
んもう、嬉しくて嬉しくてしょうがないといった感じ。

   *set list *
     カリフォルニアの風
     サンバースト
     約束

始めの2曲は、木村さんの持ち曲。
コラボkingの押尾さんらしく、するっと背景に溶け込むギター。
で、出るとこは出るんだナ。素晴らしいよ兄貴! 
本当に素敵コラボでした。

で、最後に押尾さんの“約束”を。
「また一緒にやろうね」という約束を、「いわば強引に(by押尾さん)」木村さんとするために、この曲を選んだのだそう。
木村さんも「始めこの曲を受け取った時に、また次も一緒にやろうっていう押尾さんの気持ちを感じました」と言ってました。
うん、素敵バラードなのですが…
木村さんのギターが、うまく絡んでなかったなぁ。ちょっとうるさく聞こえちゃった。
押尾バージョンに耳慣れちゃってるからかな…。

  押「また一緒にやろうね」
  木「やりたいですねー」
  押「“たい”じゃなくて!呼んでね(^^」
  木「は、はいっ」
と、がっちり突っ込みも入ってました。笑。


と、押尾&木村はこの辺で。
うー。記憶の限界。思い出したらまた書きます。



で、第1部・2部。






良かったです。




…。






ええい、続きは素敵レポ参照!
相方のブログへどうぞ。

 Kan's diary 第16回JGAギター音楽祭@東京オペラシティ



良かったのよ。
1・2部で3000円払ってもよかったほど。


というわけで、
うきうきしながら、私たちはリキッドルーム恵比寿へ行っちゃったのでした。
絶対記憶上書きされてるな。汗。
[PR]
by love-like-live | 2005-09-25 21:05 | LIVE!